ポーリングレートを8000Hzまで出せて超低遅延なゲーミングマウスまとめ!

記事内に広告・アフィリエイトリンクが含まれています。

この記事では、当ブログで取り上げたことがあるゲーミングマウスの中からポーリングレートを8000Hzまで出せるものをまとめて紹介しています。価格は高くなってしまいますが、一般的なゲーミングマウスよりも遅延が少ないというメリットがあります。そのため、低遅延なゲーミングマウスが欲しい方におすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Pulsarの「Xlite V3 eS」(有線8000Hz)

最初に紹介するのは、Pulsarから発売されている「Xlite V3 eS」です。こちらは、2023年12月に発売されたゲーミングマウスです。ポーリングレートは、ワイヤレスなら4000Hzで、有線なら8000Hzまで出すことができます。ただし、有線の場合は、USB3.0のポートでないと、8000Hzを出すことができないので、注意してください。重さも65gで比較的軽く、重さに対する心配は不要です。

底面に搭載されているOLEDディスプレイで、バッテリー残量などを確認できる珍しい機能も備わっています。他のゲーミングマウスとは違い、ソフトウェアを起動しなくても設定の状態などを確認できるので、とても便利な機能です。少し変わったゲーミングマウスを探している方にもおすすめです。

大きさ長さ122mm×幅67mm×高さ43mm
重さ65g
ポーリングレートワイヤレス4000Hz/有線8000Hz(USB3.0)
カラーブラック
「Xlite V3 eS」の特徴

購入ページはこちら→Amazon

ASUSの「ROG Chakram X」(有線8000Hz)

次に紹介するのは、ASUSの「ROG Chakram X」です。PCとの接続方法がBluetooth、2.4GHzワイヤレス、有線の3つ全てに対応しています。接続方法によって、ポーリングレートが異なり、有線の場合は8000Hzまで出すことができます。ボタンは全部で11個搭載されているので、ボタンが多いゲーミングマウスを探している方におすすめです。しかし、重さは127gで、それなりに重くなっています。軽い方が好きな方は注意してください。

サイドボタンは4つで、さらに丸いジョイスティックで4方向分の入力が可能になっています。スティックが付いているマウスは珍しいので、ゲームをプレイしているときに使うことは少ないと思いますが、動画編集などの作業のために、各種コマンドが使えるように割り当てておくと便利だと思います。スティックの長さは2種類あって、好きなほうをつけられるようになっています。

大きさ長さ132.7mm×幅76.6mm×高さ42.8mm
重さ127g
ボタン11個
ポーリングレートBluetooth250Hz/ワイヤレス1000Hz/有線8000Hz
カラーブラック
「ROG Chakram X」の特徴

購入ページはこちら→Amazon楽天市場

Gloriousの「Model O2/D2 PRO Wireless」(有線8000Hz)

3つ目はGloriousの「Model O 2 PRO Wireless」と「Model D 2 PRO Wireless」です。Pulsarの「Xlite V3 eS」と同じように、ワイヤレスなら4000Hz有線なら8000Hzのポーリングレートを出すことができます。なお、1000Hzまでにしか対応していないモデルと、8000Hzまで対応しているモデルの2種類があるので、購入する際は注意が必要です。

「Model O 2 PRO Wireless」と「Model D 2 PRO Wireless」では、本体の高さや重さに違いがあるので、その点にも注意して、自分の手に合いそうな方を購入してください。性能面に関しては違いはありません。

「Model O 2 PRO Wireless」「Model D 2 PRO Wireless」
大きさ長さ132.7mm×幅76.6mm×高さ38mm長さ132.7mm×幅76.6mm×高さ42mm
重さ59g62g
ポーリングレートワイヤレス4000Hz/有線8000Hzワイヤレス4000Hz/有線8000Hz
カラーブラックブラック
「Model O 2 PRO Wireless」と「Model D 2 PRO Wireless」の特徴

「Model O 2 PRO Wireless」の購入ページはこちら
「Model D 2 PRO Wireless」の購入はこちら

Sprimeの「Sprime PM1 Hyper Lightweight Wireless Ergo Gaming Mouse」(ワイヤレス8000Hz)

4つ目はSprimeの「Sprime PM1 Hyper Lightweight Wireless Ergo Gaming Mouse」です。こちらは、ワイヤレスでも8000Hzのポーリングレートが出せるゲーミングマウスになっています。有線ではなく、無線で8000Hzを出せるゲーミングマウスを探している方におすすめです。ただし、8000Hzに対応したレシーバーは別売りになっている点には、注意が必要です。本体に付属してくるレシーバーでは、1000Hzまでしか出すことができません。

その他の大きな特徴としては、重さが43gで、ゲーミングマウスの中でもかなり軽いところや本体のみでポーリングレートやDPIの変更ができるようになっているところです。40g台のゲーミングマウスはまだまだ数が少ないので、軽いマウスを試したい方におすすめです。

大きさ長さ120mm×幅60mm×高さ40mm
重さ43g
ポーリングレートワイヤレス8000Hz(8000Hz対応レシーバーは別売り)
カラーブラック/ホワイト/レッド
「Sprime PM1 Hyper Lightweight Wireless Ergo Gaming Mouse」の特徴

購入ページはこちら→「ふもっふのおみせ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
マウス
ひろをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました