重さが51gで4Kのポーリングレートが出せる「LAMZU ATLANTIS MINI PRO」を紹介!珍しいカラーもある!

記事内に広告・アフィリエイトリンクが含まれています。

この記事では、軽量で高性能なゲーミングマウスを探している方向けに「LAMZU ATLANTIS MINI PRO」というゲーミングマウスについてまとめています。

・軽量で51gの本体で疲れにくい
・高速な4Kポーリングレート対応
・Pixartセンサーの採用で正確な操作が可能
・ワイヤレス接続が可能なUSBドングル付属

このような特徴があり、珍しいカラーバリエーションもあるため、独自のスタイルを持ったゲーミングマウスを手に入れることができます。興味が湧いたら、ぜひ記事を読み進めて「LAMZU ATLANTIS MINI PRO」の詳細をチェックしてみてください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「LAMZU ATLANTIS MINI PRO」の製品概要

大きさ117×63×37mm
サイドボタン2個
重さ51g
接続方法有線/2.4GHz
ケーブル長1.8m
最大ポーリングレート4000Hz(4Kレシーバー別売り)
カラーバリエーションPolar White、Elegant Blue、Miami Blue、Matcha Green
「LAMZU ATLANTIS MINI PRO」の製品概要

重さは51gで持ちやすいデザイン

「LAMZU ATLANTIS MINI PRO」は、重さが51gで非常に軽く、手にフィットする形状で長時間のゲームプレイでも疲れにくいです。51gは他のゲーミングマウスと比較しても非常に軽いと言えます。本体サイズは117×63×37mmで、MINIと付いているだけあって、少し小さめになっています。カラーは4色になっていて、水色などの珍しいカラーもあります。反対に真っ黒や真っ白なシンプルなカラーは無いので、好きなカラーが無い場合もあるかもしれません。

左右対称形状でサイドボタンは左側に2個

形状は左右対称型なので、シンプルな形状で掴みやすくなっています。個人的には、少し変わった形をしているゲーミングマウスよりも扱いやすく慣れるのも早いと思います。サイドボタンは左側に2個付いています。右側には付いていないので、注意してください。

TTCスイッチによる高い耐久性

このマウスは、TTCスイッチを採用しており、高い耐久性が期待できます。TTCスイッチは、クリック感が良く、耐久性にも優れているため、長期間使用しても安心です。ゲーミングマウスにとって、耐久性と使い心地は重要な要素ですので、これが搭載されていることは大きな魅力です。

接続方法は有線と2.4GHzで最大ポーリングレートは4000Hz

接続方法は有線と2.4GHzの2つがあります。どちらも最大ポーリングレートは1000Hzになっています。ただし、2.4GHzワイヤレスについては、別売りの4Kレシーバーを使えば、4000Hzまで引き上げることができます。本体以外にコストがかかってしまうのが残念ではありますが、遅延を減らしてゲームをプレイしたい方におすすめです。

ポーリングレートとは、マウスからPCへのデータ送信を1秒間に何回行うかの値で、値が高いほどマウス動作の滑らかさや精度が向上します。通常のゲーミングマウスでは1000Hzが主流ですが、4000Hzに対応することで、よりスムーズでリアルタイムな操作が可能です。これにより、FPSやアクションゲームなど、高い反応速度が求められるゲームでもストレスフリーでプレイできます。

ハイスペックなセンサーを採用

ゲーミングマウスに欠かせないセンサーには、高性能なPixartのPMW3395センサーが搭載されています。このセンサーは、高いDPIや低いリフトオフディスタンスを実現し、より正確なカーソル移動ができます。また、センサー自体の消費電力が抑えられているため、ワイヤレスマウスの場合でも長時間の使用が可能です。さらに、センサーの感度は、最大26000DPIまで調整可能で、自分に合った設定が行えます。

オリジナルソフトウェアによるカスタマイズ

「LAMZU ATLANTIS MINI PRO」は、独自のオリジナルソフトウェアを利用してカスタマイズが可能です。使用するにあたっては PC やパソコンに接続し、該当ソフトウェアをダウンロードすることが必要です。DPI 設定やボタン割り当て、各種機能の有効/無効化が簡単に行えます。また、センサーの Pixart PMW 3360 を採用していることで、高度なカスタマイズが可能となっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
マウス
ひろをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました